「Tipsy Elves」ダサいのに可愛い?!歴代4位のセールス

今日は「Tipsy elves」を紹介します。

こちらはクリスマスに着るサンタやトナカイの大きな絵柄が入ったセーター。

コンセプトはUgly(ダサい、みにくい)クリスマスセーター!

実はこのセーターが爆発的にヒットするんです。

シャークタンク歴代セールス4位。

商品紹介

さっそく商品をチェックしましょう。

こちらが実際に番組中でファッションショー風に商品紹介した映像です。

The Sharks Sit Front Row For An Ugly Christmas Sweater Fashion Show | Shark Tank | CNBC Prime
The Sharks Sit Front Row For An Ugly Christmas Sweater Fashion Show | Shark Tank | CNBC Prime CNBC Prime

どうですか?個人的にはかわいいと思いました。

クリスマスパーティーにみんなで着たら盛り上がりそう。

特にアメリカではクリスマスが一年で一番のビッグイベント!

お金も一番使うイベントなので、クリスマス商品は当たればとてもいいビジネスになります。

逆にいえば一年中需要がある商品ではないためそこが不利な点でもあります。

アメリカのアマゾンのレビューによると、セーターは質がよくてすごく温かいのだそう。

子供用もありとってもキュート。

スキーウェアもあります。現在カナダ、日本、でも販売中。

こちらはシャークタンク出演後のインタビュー。

Tipsy Elves – Shark Tank Update
Tipsy Elves -Shark Tank Update abc

最初に出てくるのが志願者のEvan(赤いセーター)とNick(緑のセーター)。

0:06くらいに映るのが今回投資したシャークのロバート・ハージャベックです。

交渉のハイライト

すでに1ミリオン以上のセールスがある同社。

しかも現在オンライン販売のみでこの売上。

志願者は次のステップとして店舗販売に乗り出したいと野望を語ります。

それに対してマークとデイモンドは、オンラインで大成功しているにもかかわらず、経費が増える店舗販売に乗り出すことに疑問を投げかけノーマネ。

ロリもノーマネー。

ケビンは$100,000を投資する代わりにセーターが一つ売れるたびに

ケビンに$2ドルのロイヤリティを支払うというオファーをだします。

ロバートは他のシャークが店舗販売に否定的だったのに対し、

店舗販売も反対じゃないと理解を示します。

ロバートのオファーは$100,000に対して株式10%。

志願者はもともと$100,000に対して株式5%を提示していましが、

ロバートの$100,000、株式10%のオファーを受け入れました。

店舗販売のポテンシャルを見抜いたロバート。

彼もこのイベント物のセーターがまさかのちに100ミリオン以上売上げるなんて予想していたでしょうか。

売上のビフォーアフター

出演前 1.35ミリオンドル(約1.5億円円)

出演後 100ミリオンドル(約110億円)!!

1年のうちで売れるのはクリスマスシーズンのたった数週間〜1ヶ月。

であるにもかかわらずこの売上はすごいですね。

アマゾンレビュー

現在ではセーターのみならずタンクトップやアロハシャツなどさまざまな種類を展開しています。

どの商品もレビューは4.5〜5スター。

着心地のよさはもちろん、目立つデザインが受けているようで

パーティーなどで注目を集めて大満足だった、などというレビューが見られます。

他人と違ったものが大好きなアメリカ人にうけているんでしょうね。

クリスマスは日本でも大きなイベント。

パーティーに着ていけば人気者になれるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です