ロバート・ハーシャベック 貧しい移民から大富豪に

幼い頃にクロアチアからカナダに移民したロバート・ハージャベック。

貧しさ、言葉の壁など試練を味わった苦労人です。

2019年時点の純資産は200ミリオンドルです。

両親に恩返しを 心優しい少年

ロバートの父親はカナダに移民後、毎日、朝晩仕事を掛け持ちして働きます。

そんな父親に多大な影響を受け、尊敬するロバート。

そんなある日、母親が営業マンに高級掃除機(値段は一家の給料の7週間分)を押し売りされます。

ひどく悲しむ母を見て心を痛めるロバート。

その時に「二度と他人に自分の家族を騙すようなことをさせない」と心に誓います。

その後ロバートは名門トロント大学を卒業、インターネット・セキュリティ会社を起こします。

その後その会社をAT&Tに売却することでミリオネアに。

その後新たに起こしたインターネット・セキュリティ会社ハージャベックグループも成功し、現在も同社のCEOです。

シャークタンクにやってくる志願者の中には貧しい国から移住をしてきた移民1世や2世も多くいます。

彼らはプレゼンの中で、移民として苦労した過去や両親への感謝をもらすことがよくあります。

そういう時ロバートは貧しい移民からどうやって成功したのかを時には目に涙をためながら話してくれます。

母親からの言葉に成功を誓う

私の好きなロバートのエピソードを紹介します。

彼がカナダに移民してきたばかりのこと。

英語もうまく話せず、クラスで一番貧しく同級生からからかわれます。

そこで家に帰ってお母さんにこう泣きついたそうです。

”誰も僕のことを好きになってくれないし、友達もいないし、みんな僕よりお金持ちだし。。”

それに対してのお母さんの言葉が、

Nobody in this world is better than you, but you are no better than anyone else.(世界中で誰かがあなたより勝っているなんてことはないのよ。でもあなたも誰かより勝っているなんてこともないのよ。)

この母の言葉にロバートははっとしこう誓います。

”絶対にこの環境から抜け出してやる。でも人をけなしたり傷つけたりするようなやり方は絶対にしない。” 

ロバートの成功への原動力は両親へ恩返しだったのだろうと思います。

ロバートのその他の言葉はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です