「Squatty Potty」薬に頼らず便秘解消!歴代2位セールス

今日は「Squatty Potty」を紹介します。

こちらの商品は洋式トイレ用足置き台。

この台を踏み台にすることで体の姿勢が変わり、排便をがしやすくなるというもの。

シャークタンク歴代第3位のセールスです。

投資したのはロリ・グレイナー。

商品紹介

こちらの商品紹介ビデオ(日本語吹き替え)をご覧ください。

日本初!便秘でお悩みの方へ!洋式トイレに座りながら姿勢を変えるだけ 「スクワティポティー」 Squatty Potty
「日本初!便秘でお悩みの方へ!洋式トイレに座りながら姿勢を変えるだけ 「スクワティポティー」 Squatty Potty」株式会社グローバルアジアパートナーズ

0:15から出てくるのが開発者とCEOのジュディーとボビー親子です。

Amazonジャパンの商品説明はこちらです。

大腸肛門の専門病院の先生も推奨しています。

日本でもいろんなメディアで取り上げられているようで、

シャークタンクで投資を受けて以来事業は大成功だそうです。

交渉のハイライト

この商品、シャークタンクに出てきた時点ですでに5.7ミリオンドルのセールスがありました。

しかもこの段階ではまだオンラインでのセールスのみで店舗販売に乗り出していませんでした。

もしこれをウォルマートなどの大型店舗でも販売するようになれば、

さらに売り上げが伸びる見込みがあります。

なのでシャークたちもプレゼンに食いつきます。

すでにビジネスがある程度成功していることもあり、志願者も強気です。

$350,000(約3,750万円)の出資額に対して譲渡する株式はたったの5%と提案してきました。

つまり会社のバリューを7ミリオンドルとしています。

これにはシャーク全員、バリューが高すぎると難色を示します。

オファーを出したのはケビンとロリです。

ケビンは$350,000に対して株式10%のカウンターオファー。

ロリもまったく同じ$350,000に対して株式10%のオファーで対抗。

志願者は株の比率を下げてくれるよう交渉しようとしますが、

ケビンもロリも10%以下では投資しないと強く断言します。

交渉をあきらめた志願者はロリを選びました。

売上ビフォーアフター

出演前 5.7ミリオンドル(約6.1億円)

出演後 売上が140ミリオン米ドル(約150億円)

売上約25倍です。

アマゾンレビュー

アマゾンでは4.5スターとなっています。

レビューでは便秘解消に効果があったという意見がほとんどです。

ですが中には、自分には効果がなかったという意見もちらほらあります。

もちろん個人差は出るとは思います。

ただ5スターをつけた人が約7−8割というのを見ると、やはり効果は高いと言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です